新築二世帯住宅の後悔しないための参考体験談

我が家は二世帯住宅を建てました。玄関とお風呂は共有、リビングは2つある家です。上下で分けると、下に足音が響くと聞いたので、左右に分けました。

 

親世帯のリビングは、日当たりの良い東側で、私たち子世帯は西側です。

 

2階は寝室ですが、私の寝室が親世帯の上にあります。

 

通常、自分たちのリビングの上に寝室を配置すると思いますかわ、義母が提示した図案がそうで、寝室だけでも東側がいいかなとの思いもあり、そのままにしました。

 

これが、大失敗でした。

 

朝が早い親世帯、4時5時から下のリビングで行動するので、物音がして、2階に響くのです。

 

以前はアパート住まいでしたが、戸建ての壁や床がこんなに薄く防音がほぼないとは、想像していませんでした。

 

良かった点は、子ども達が騒いでも暴れても周りを気にしないでいいことです。あと、子ども達を見てくれることがあり、多少の時間は以前より子育てにゆとりが持てたかな?と思うことです。

 


正直、注文住宅予算は十分ありました。やはり生活時間帯が違うのだから、自分たちのリビングの上に寝室を持ってくればよかったです。

 

建ててしまったら、かえられないのだから、遠慮せずに自分の意見をどんどん言えば良かったと思います。

 

 

 

また、自分の実家の家族などに図案を見せて、他の人の意見も聞いていればよかったと思います。

 

 

 

良かった点は、子ども達のことばかりですが、我が家は義父がいないため、二世帯になりました。

 

義母の老後も考えると、別々で建てる選択肢は主人にはなかったようです。子ども達とのふれ合いがたくさんできて、母にとっても、子ども達にとっても、よかったのだと思います。

 

 

 

お風呂も玄関も、一番は全てを別にして、繋がっている場所があるだけの二世帯がいいと思います。

 

お風呂も、掃除やら入る順番や時間など、不満が多いです。玄関も、一緒だとほとんど義母の好みになるので、不満です。

 

予算の関係もありますが、子世帯のほうは、できるだけ後悔しないように自分たち好みにできる部分をたくさん作るべきです。

結婚と同時に注文住宅を建てたが、土地選びに失敗

私は10年前に注文住宅を建てました。

 

その当時流行っていた工法で、高気密・高断熱が売りの注文住宅でした。

 

結婚をする約一年前から、その注文住宅の不動産屋に通っていました。

 

一番最初に取り掛かったのが、家の間取りでした。

 

彼女(今の奥さん)が、対面式のキッチンや、中庭を設けたいという事で、その要望は全て反映しました。

 

私の希望であった書斎も設けていただきました。

 

そして、注文住宅の設計図は完成し、申し分ない仕上がりでした。

 

その次に、土地を探しました。

 

住宅と土地を合わせて、予算内で収まるように、同じ市内でいろいろと探していただきました。

 

やはり、鉄道の近くや繁華街など、立地条件が良い場所は土地代が非常に高くなるので、少し離れた場所で土地を探すことにしました。

 

そうなると住宅街でも上の方になり、交通の便が悪くなってしまうのですが、どうしてもその設計図通りの家を建てたいと思い、妥協して住宅街の一番上の土地に家を建てることにしました。

 

着工から完成まで約半年間でした。

 

私たちは結婚をして、自分たちが希望した注文住宅に住むことになったわけですが、いざ住んでみて様々な失敗が見えてきました。

 

まず中庭なのですが、設計した当初は、縦長の土地に中庭を設けることによって、隣との家の間に中庭を作りたかったのです。

 

しかし、購入した土地が横長でしたので、中庭が道路側になってしまい、周りの住民からも道路からも丸見えの状態でしたので、中庭でのガーデニングや、家の中から中庭を観賞することが出来ないようになりました。

 

そして、騒音にも防音効果があるという住宅でしたので、家の中は静かに過ごせるものだと思っていました。

 

しかし実際に住んでみると、外の道路で、ご近所さんが話している声が家の中までスゴく聞こえてくるのです。

 

逆に私が外に出ていると、自宅からの話し声が外に漏れているのです。

 

それに家のお隣が、よくガレージでバーベキューをされるのですが、そのバーベキューの悪臭が全部私の自宅に入ってくるのです。

 

これらには、もう笑うしかありませんでした。

 

私たちが購入をした注文住宅は、期待をしていた機能を得ることができませんでした。

 

唯一、間取りだけは満足していますが、外からの騒音や悪臭にはストレスしかありません。

 

ですので、私たちが購入した注文住宅は失敗でした。

 

注文住宅を購入する際は、口コミなどの情報収集をしっかりとするべきだったと思いました。

 

そして、結婚すると決まってから約1年間で完成をさせなければならなかったので、土地探しをしっかりと出来ていなかったのも失敗でした。

 

じっくりと時間をかけて、家を買うと決めてから数年間は、しっかりと土地探しのコツを調べておくべきでした。

 

もしかすると同じような価格で、注文住宅の間取り(中庭)にピッタリと合う土地が、売り出しにかけられたかも知れないからです。

 

ですので、住宅を購入する際は、じっくりと時間をかけて考えていく方が良いのだと実感しました。